車のボディを傷や汚れから守る

車のボディを傷や汚れから守る

車のボディを傷や汚れから守る スマートフォンの液晶画面を傷から守るためにフィルムを貼っている人が多いと思いますが、同じようにクルマのボディを傷や汚れから守るのがプロテクションフィルムと呼ばれるものです。
厚さは約150μ~200μあり、小石が飛んで来ても傷から守ってくれますし、ひっかき傷のリスクも大幅に軽減させることが可能です。
透明な素材でできているのでプロテクションフィルムが貼ってあることはほとんどわかりませんし、逆にボディの光沢感が増して、コーティング剤でコーティングしているような効果を得ることもできます。
寿命は3年前後ですが、使用状況によってはかなり差が出てきます。車庫の中にいつもクルマを駐車している場合は、紫外線によるフィルムの劣化を軽減させることができるために5年程度持つこともあるようです。
クルマを売却する際にプロテクションフィルムを剥がすと、美しい新車のような輝きのままなので、査定額アップにも貢献することでしょう。

車のボディを守るプロテクションフィルムの機能

車のボディを守るプロテクションフィルムの機能 自動車はいつまでも綺麗に乗りたいですが、ボディへ傷がついてしまう事があります。
自動車は走行している時は常に砂や飛び石が飛んでくる危険性がつきものです。
車間距離を取っていても前の車が割り込んできたりすると飛び石で傷つく心配や、他に草木で擦り傷がつく事や駐車場に止めているところに人が通る事で傷がついてしまいます。
このような悩みを解決する事ができるのがプロテクションフィルムです。プロテクションフィルムはとても薄く透明性が高く貼っている事がわからないほどです。
紫外線から塗装を守るといった機能もありますので、いつまでも美しさを維持する事ができます。
ガラスコーティングという方法もありますが飛び石などでは塗装が取れてしまう危険性が高いですが、プロテクションフィルムなら塗装も守れます。
プロテクションフィルムをしていれば日常的に発生する小さな傷などからも自動車を守る事ができて、ボディに合わせ綺麗に施工する事が可能です。