車体に施行でかかる費用

車体に施行でかかる費用

車体に施行でかかる費用 車体を傷から守り新車の状態を長く維持するために開発されたプロテクションフィルムを施工するには、いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
技術があれば自分で行うのが一番安上がりですが、素人が行うにはハードルが高く失敗する可能性があります。
自分で行う自信がない方は、やはり専門業者に施工してもらうのがおすすめですが、費用については業者によって異なります。
そのため前もってしっかり見積もりを取り、比較検討する必要があります。
プロテクションフィルムの相場は、全面施工をする場合は100万円近くしますが、傷がつきやすい部分にしぼって施工することも可能です。
たとえば、ドアノブであれば5,000円前後、ボンネットであれば80,000円前後、フロントガラスであれば100,000円前後からとなります。
サイズや施工の難易度によっても変わってきますので、やはり見積もりを取るのが確かです。
その上で判断すると良いでしょう。

通常の塗装面の上に施工するプロテクションフィルムで大切なボディを保護

通常の塗装面の上に施工するプロテクションフィルムで大切なボディを保護 自動車のボディの塗装面は、様々な衝撃によって傷付くおそれがあります。
飛び石であったり、木の枝などの障害物であったりと、大切にしているボディが損傷してしまうことは是非とも防ぎたいとお考えの方が多いのではないでしょうか。
そのような場合にお勧めできるのが、ボディをしっかりと保護するプロテクションフィルムです。
通常の塗装面に覆いかぶせるように施工することで、しっかりと保護することができるため、美しく輝く塗装面を保つことが可能となります。
主な施工箇所は特に傷の付きやすいバンパーやドアノブ付近、ドアミラーやサイドステップなどが一般的ですが、車体全体を覆うように施工することもできます。
耐久性に優れており、プロテクションフィルムの存在が目立たないように施工することができますので、長く安心して愛車に乗り続けることができます。
また、プロテクションフィルムは剥がして元の通常な状態に戻すこともできますので、売却査定時にも有利となります。
プロテクションフィルムの施工には高い技術が必要ですので、実施している会社をインターネットで調べてから依頼しましょう。