プロテクションフィルムのお役立ち情報がいっぱい!

プロテクションフィルムで新車の状態をキープ

プロテクションフィルムで新車の状態をキープ クルマを売却する際には、少しでも高く買い取ってもらいたいものですが、そのためには新車の状態に近いコンディションをキープしていることが重要です。
たとえば高年式で走行距離が少なければ、その分査定額は高くなりますし、ボディも綺麗な状態をキープしていれば査定アップの対象となり、逆に傷がついていればその分査定額はダウンしてしまう可能性が高くなります。
しかし、常に雨風や紫外線にさらされ、飛び石が飛んできたりして、いつのまにかボディは汚れ傷ついてしまうものです。
ガレージの中に使わないで保管していない限り、新車の状態を維持するのは不可能ということです。
そこで登場したのが、ボディを特殊なフィルムで守るプロテクションフィルムです。
プロテクションフィルムとは、小石が当たっても衝撃を吸収分散させることができ傷から守ってくれます。
スマートフォンの画面をガードするフィルムと同様の働きをすると考えると良いでしょう。
傷つきやすい箇所に絞って施工すると効果的です。

柔軟性にも優れているプロテクションフィルム

柔軟性にも優れているプロテクションフィルム 自動車はボディの美しさも魅力のひとつですが、大切に使っているつもりでも、気づかないうちに細かな傷は増えていきます。
できれば、長く新車の美しさを維持したいものです。
美しさを維持するためには、コーティングやワックスなども役立ちますが、最近特に注目されているのがプロテクションフィルムと呼ばれるアイテムです。
プロテクションフィルムは透明度の高いフィルムで、ボディの表面に貼ることで、傷や紫外線から守ってくれます。
一度施工すると長く利用できるので、ワックスがけなどの手間もありません。
ボディの曲線部分にもきれいに貼れるのかも気になるところですが、プロテクションフィルムは柔軟性にも優れていますので、カーブのある部分にもきれいに貼ることができます。
厚みがありながらも柔軟性と伸縮性に優れていますので、曲面にも無理なく施工可能です。
バンパーやドアノブ、ヘッドライトなどの複雑な形にも対応できるのもプロテクションフィルムの魅力です。