愛車を生活傷から守る

愛車を生活傷から守る

愛車を生活傷から守る プロテクションフィルムは愛車へのさまざまな生活傷を予防する効果があります。さらにフィルムの厚さは、約150ミクロンです。食品用のラップが10ミクロンですので、かなりの厚みです。だからこそフィルムの劣化は状況によって変わりますが、最低でも3年~5年の高い耐久性で愛車を守ってくれます。
かつてのプロテクションフィルムにはザラザラ感がありましたが、最近のフィルムは透明感と平滑性を実現しています。まるで貼っていることにすら気がつかないレベルです。そのナチュラルさには驚かされるばかりです。
また、特殊なフッ素被膜によって汚れ防止の効果もあり、撥水効果も含めて長期間愛車の美しさを持続させてくれます。
プロテクションフィルム施行の場所は、定番のドアカップ部分、乗降時に靴が当たって傷がつきやすいドアのステップ部分、荷物の積み下ろし時などに大きな傷がつくリアバンパー部分、リアタイヤの石跳ねで傷や汚れが発生するサイド部分などに貼るのがベストでしょう。

高級車はプロテクションフィルムで保護するのがおすすめ

高級車はプロテクションフィルムで保護するのがおすすめ 高級車を選ぶ人ほど、車を大切にしたいと考えるケースが多く見られます。近年では、ボディー保護としてプロテクションフィルムを施行するケースが増えてきました。ラッピングフィルムなどとは少し違う特殊な素材を採用していて、飛び石や生活傷等から車を強固に守ることができます。
依頼をするとすれば、経験が豊富なところがおすすめです。施工実績が多いほどたくさんの経験を積んできていて、お客からのフィードバックもたくさんあります。
それらを次のプロテクションフィルムの施行に生かすことができるため、早く・確実な技術を身に付けている可能性が高いです。
施工をするタイミングとしては、新車が圧倒的に多いです。納車前の段階で施すことができれば、新車の輝きを長く保持することができます。高級車ほど、ガラスが割れた時やバンパーの修理費等で高い費用がかかりがちです。
事前にプロテクションフィルムでリスクへの対策をしておけば、出費を抑えることにもつながります。
強力にボディを保護しつつ、目立たないマットタイプのものも販売されているので、見た目にこだわる人は検討をしてみると良いです。